虫歯を作らないための予防治療に
力を入れています

当院では虫歯治療だけではなく、虫歯を作らない予防治療に力を入れ、歯並びや食育、日々のケアなど、お子様の健やかな成長を総合的にサポートしております。
地元幼稚園の校医もしておりますので、お子様の治療に数多くの実績がございます。歯科医院に慣れていないお子様にも安心して治療できるように、優しく対応していきます。

虫歯ゼロの第一歩! 小児の予防治療

フッ素塗布

フッ素塗布

歯磨き粉にも含まれていているフッ素を歯に塗布することで、歯の再石灰化を促進します。フッ素
には抗菌作用もあり、虫歯菌の活動を抑制し予防にもつながります。
お子様の生えたての乳歯や永久歯は、歯の質が弱く虫歯になりやすいので、フッ素を塗ることで大きな予防効果を期待できます。

フィッシャーシーラント

フィッシャーシーラント

お子様の生えたばかりの永久歯は柔らかく、虫歯にかかりやすい状態です。
特に奥歯は溝が複雑なため、食べかすの磨き残しが虫歯の原因となります。
そこで生えたばかりの奥歯の溝をシーラントというプラスチックの一種で埋めることで、食べかすが入り込むのを防ぐことが出来ます。

歯と顎の成長期! 歯並び・お口の治療

上唇小帯の切除

上唇小帯の切除

上くちびると歯ぐきとをつないでいる筋(ヒダ)があります。この筋を、上唇小帯と呼びますが、この位置に異常があると、上唇の運動障害や中切歯の正中離開や位置異常がおこるので、手術が必要な場合もあります。

舌小帯の切除

舌小帯の切除

舌の裏側に筋(ヒダ)があります。この筋を舌小帯と呼びますが、この位置に異常があると、舌の運動障害や摂食障害や言語障害がおこるので、手術する場合もあります。

小児矯正

小児矯正

子供の頃にする矯正治療のことを小児矯正といいます。
大人は顎骨の成長が終わっているので歯を動かすだけの矯正治療ですが、子供はまだ成長段階なので、アゴの成長を調整しながら矯正治療できます。ですから、子供の頃から矯正をすると、本人の負担も少なく、よりよい治療ができます。お子さんの将来のためにも、是非一度、カウンセリングを受けてみて下さい。

転倒や衝突した子供に多い外傷

外傷や外傷歯への緊急対応

口や歯のケガ(外傷)は、他の部位よりも発生頻度が高く、子どもが転倒したり衝突した場合によく起こります。口内が出血していたり、歯の形や位置が変わっている時は、早めに歯科を受診して治療をされるのがよいでしょう。また、折れたり、抜けた歯でも元に戻せることがあるので、必ず歯を持ってきて下さい。